お金

海外不動産投資や国内投資でも成功させる厳選情報|投資家による知識

手軽で人気です

マンション

少額でも取引できます

少額から資産運用を始めようと考えているのであれば、上場不動産投資信託に投資をしていくことを検討してみましょう。上場不動産投資信託は株式市場で売買されているので証券会社に口座を開設すれば、即日取引をすることができるようになります。不動産というと、買いたい投資物件を見つけたり、買付申込書を出したり、契約を交わしたりするなど、いろいろ煩雑なイメージがあります。しかし、上場不動産投資信託は株式と同様に取引をすることができるため、手続きがとても簡便です。インターネットで取引できるようにしておけば、自宅のパソコンでクリックするだけで投資をすることができます。投資口価格も1口数十万円程度で済む銘柄がほとんどです。

方針を決めよう

上場不動産投資信託で利益を上げる方法は2つあります。1つは分配金をもらうということです。多くの銘柄は年に2回決算を行っており、決算後2ヶ月から3ヶ月で分配金が支払われます。1回の分配金で半年分の収益を分配していることになります。もう1つは投資口価格が上がってきたところで売却してキャピタルゲインを得るという方法です。株式市場に上場していることから取引価格が常に表示されています。指値をしておけば、自分が売却したい価格で取引が成立する可能性もあります。分配金を得るかキャピタルゲインを得るかは両立しますので、分配金を得ながらキャピタルゲインを手にするタイミングを計るのも良いですし、最初から長期投資目的で保有し、分配金をもらい続けるのも良いです。